超初心者にも出来るブログ・アフィリエイト
これからブログでアフィリエイトを始めようと言うあなたのために。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

必要とする情報商材は?

生き残るものには理由があるのか?

◇自然淘汰の摂理

どのような世界にあっても、生き残るべきものは残り、滅ぶ定めのものは滅ぶ。
その時々では理不尽とも思えるような理由であっても、しばらく時が経てば、「ああ、やはりそうだったか」と納得できる理由が必ずあるものです。

自然界をみてみましょう。
日本オオカミは明治期に滅びました。その理由は、人間です。
オオカミは古来から人間とは共存できない、まったく別の生命観をもって生きて来た生物です。
人間にとって必ずしも危険な生き物ではありませんでした。

西洋にあっては赤ずきんちゃんの物語にもあるように、悪者のイメージが強いのですが、それは西洋が基本的に遊牧の文化であったからです。
牛や山羊、羊を飼って生きて来た。それらは当然オオカミのエサになります。
従ってオオカミは人間の敵になった。

しかし東洋、特に日本においては農耕の文化が基本にあります。
もちろん一部にあってはオオカミは敵であったかもしれませんが、ほとんど直接の利害関係はなかったのです。
あったとすれば、それは土地の問題でした。
人間が増えることで山野は切り開かれ、広大な生息域を必要とするオオカミの生存をおびやかし始めたのです。

オオカミは生きるために闘い、人間もまた生きるために闘った。
直接の闘いはなくとも、両者が生きるための行動が闘いになったのです。

結果として日本オオカミは絶滅しました。
オオカミは集団で生きる生物でした。人間もまた集団で生きる生物です。
単独で生きるクマは辛うじて生き残り、オオカミは滅んだ。

人間の存在が崇高だとはいいません。
オオカミより優れた生き物だとも、わたしは思いません。
ただ時代が人間を優位にし、結果として日本のオオカミは絶滅しました。


◇淘汰は生き物に限らない

オオカミと同じとは言いませんが、情報商材もやはり生き残るものと滅ぶもの、それぞれに理由があります。
本物は生き残り、偽物は滅ぶ、などと言う単純なものではありません。
強者が生き残り、弱者が滅ぶのでもありません。
優秀なものが生き残るのでもありません。


あだ花のようにパッと咲いて一気に散るものもあるでしょう。
永く人々に支えられて生き続けるものもあるでしょう。
それこそ様々です。

その目指すものも、様々です。

売る方も、買う方も、思惑は様々です。

だから単純に本物・偽物では言い切れないのです。
その優劣で判断すべきものでもないのです。


◇あなたが買うべき情報商材とは

わたしはだから、あなたにこれを買いなさいとは言い切れないのです。
あなたが何を目指すのかによって、買うべき商材も変わって来るのですから。

前2回で、裏を読めと言いました。
それは決して現在の情報商材を信じるなと言う意味ではありません。
可能な限り調べなさい、納得して買いなさいと言う意味です。

完全な詐欺は別ですが、そうでなければどんな商材にも得るものはあります。
あとはその価格に対しての価値観だけです。
時には高価な失敗もあるかも知れません。
それならそれで、その損失を知恵として将来に活かせばいいのです。
怒りにまかせて投げ捨てたりしたら、何も残りません。


わたしの場合に限って言わせてもらえるなら、わたしは将来に亘って永く活かせる知識を求めます。
そんな基本的とも言える、地味ではあっても息の永い商材を探しています。


もっとも、そんな商材は既に手に入れてはあるのです。
まだ活かし切れてはいませんけれども。
それが最大の問題ではありますね(笑)


あなたにもピッタリ合った商材が見つかるといいですね。


☆内容に共感頂けたなら→人気blogランキング
スポンサーサイト

情報が売られる、その裏を読む


本屋さんに行くと、相変わらずたくさんの馬券本が並んでます。
そして肝心の部分は閉じられていて、中が見えないようになってます。
当然ですよね、心臓部をただで読まれちゃかなわない(笑)

◇情報が売られるには、それなりの訳がある

前回、『素人でも98%儲けが出る、誰も気がつかなかった究極の投資競馬』なんて情報があったとして、それが売りに出された理由を考えようと言いました。

まず考えられるのは、これは前回のダイエット法でも天ぷらの揚げ方でも同じなんだけど、つまり完全なる詐欺の場合。
こいつについては、問題外ですね。
内容が確認できない以上、どうしようもない。
運悪く買ってしまった人は、他に被害者がでない内に、声を大にして叫びましょう(笑)


さて冗談はともかくとして、もしもわたしがそんな方法を知っていたら……

絶対に他人には教えない


心が狭いって?
仕方ないでしょう、これまでの負け分だけでも取りかえしたいもの。
出来れば、ひと財産つくりたいよ~……(笑)


これって、普通の人の発想じゃないでしょうか。
もしも本当に儲けが出るのならば……

……儲けって、どのくらい?

そう、ここがミソなんですね。

「的中率50%、回収率200%」
競馬をご存じない方には分かりづらいかもしれないけれど、単純に言うと、2つのレースに参加して(つまり馬券を買って)、1つのレースでは適中する。
そして、投資した金額の倍額が返って来るってこと。

ひとレースに10点買いだとしましょう。
1000円の均等買いして1万円。
これが2レースだから、計2万円の投資。
倍額返って来るから、2万円の儲けってこと。

ホントに! 200%の回収率だったら……
……たとえ2万円でも、儲けたい!(笑)
土日2日間での儲けが2万円でも、月にしたら8万から10万の儲けですものね。

いや、確実に200%の回収率だったら……
……20万投資してもいい!
そうしたら、毎月80万から100万の利益だぁ~……


冗談はこれくらいにして、さて素直に考えてみましょう。
余程の天才的勝負師なら分かりませんけど、普通の人が考えつく最良の方法で、回収率120%だったら凄いものです。

100万円投資して、20万の儲けです。
10万円なら2万円の利益。
1万円なら、2千円……
千円だったら……
……あれっ?(笑)

どんな方法であれ、確実に儲けが出るなら、わたしだったら誰にも教えません。
もし教えるとしたら……

……それは自分が馬券を買うよりも、情報として売った方が儲かると判断した時、ですね。

本屋さんに出回っている馬券本。
あれも同じ理由なんです。
情報を公開した方が儲かるから、なんですね。


馬券は、たくさんの人が当てるとオッズが下がります。
つまり儲けが少なくなるってことです。
自分でも買いながら、人にも同じ馬券を買わせる。
これが矛盾してるってこと、分かりますよね?
でも同時に外れる馬券も買わせていたら……

10点買いってことは、9点分は外れているんです。
外れた分は、当然オッズに反映されます。
つまり配当が増える……(笑)


競馬は複雑なギャンブルです。
上に書いたような単純なものではありません。
だから『素人が……』などというアオリ文句に、素直に反応してはいけません。

より多勢の人に、当る馬券の楽しさを味わって欲しいなんてフレーズは、まず信用しない方がいいでしょう。
なかには本気で言っている人もいるかもしれない……いないかも、しれない(笑)



裏を読むとは言っても、わたしの知能ではこの程度でしかありません。
それでもなぜ、この商材は売られているのか?を考えることは、あなたにとって決して不利になることはないでしょう。
どんどん考えてみてください。

売る方も必死です。
買う方も、必死になりましょう(笑)


◇競馬以外の情報商材はどうなのか

たいへん面白く、貴重な読み物を見つけました。
一読してみてください。
決して損はしませんから。
http://www.kotono8.com/2006/11/26johoshozai.html



☆内容に共感頂けたなら→人気blogランキング

情報商材って、なんだろう?


一口に情報商材と言っても、いくつか種類があります。
”お金儲け系”、”悩み解消系”、”自己啓発系”などなど。

例えば『上手な天ぷらの揚げ方』なんてのでも、立派に情報として商材になるんです。
他の多くの人が知らないような、そんな情報ならば商品になり得るんですね。
(もっとも、『上手な天ぷらの揚げ方』が売れるかどうかは分かりませんが)

要するに、本屋さんで売っている本と同じようなものが、ネットで売られていると考えればいいでしょう。
だから、eBook (電子書籍)なんて呼ばれるんでしょうね。

◇情報商材には問題点が多い?

本屋さんの本ならば、パラパラとめくってみて、内容を確認した上で購入出来ます。
しかし、eBook の場合は中身を確認出来ません。

次に、一般の本と比較して、価格は10倍から20倍もします。
いったい、この設定価格はなんなのでしょうか。
サポートがつくから?(笑)


◇情報商材とされた理由って、何だ?

例えば前に挙げた『上手な天ぷらの揚げ方』の場合。
このような情報ならば、普通に本にしてもいい訳ですよね?
(本に出来るか、出来ないかの問題は別)
つまり、広く一般に知られたところで、情報提供者に特別なデメリットはないはずです。
せいぜいが、家族、友人知人、あるいはご近所さんからの「あの人は、本当に天ぷら揚げの名人よ」といった賞賛の声が消えるくらいのものでしょう。


例えば、『リバウンドもせず、食事も制限せずに3ヶ月で10キロやせるダイエット法』なんて情報だって同じことです。
これを少数の限られた人にだけ教える意味って、どこにあるんでしょうか。
全世界の女性がこれを知って痩せたからって、提供者になんのデメリットがある?
恋人を奪われるのが心配?(笑)


お金儲け?
だから、それだったら普通に本にすればいいんです。
今どきなら、DVD ってやつでも。
誰でも知りたいって人に教えてやればいいんです。
別に有料にしたって構わない……

……そう、ここに答えがありましたね。
そして、ヒントは前に書きました。
(本に出来るか、出来ないかの問題は別)
これなんですね。

一般の人には、書籍化なんてまず不可能です。
出版社に原稿を持ち込んで、編集者に売り込む?

あははっ、まず採用されません。
仮に採用され、出版されたとしても印税なんて微々たるもの。
よほど売れれば別ですけどね。

だから手軽に出来る情報商材として、売り出されるんです。
価格設定と内容が不明な点は、疑問として残りますけど(笑)



住んでる家はボロボロなのに、駐車場には高級外車が、なんてお宅がありますよね。
なんで? ってほとんどの人は思うでしょうけど、これって価値観の問題なんですね。

着ている服はその辺のスーパーで買って来るけど、食事だけは妙にこだわる人、なんてのも同じです。
どんなに貧乏しても、食事すら満足に食べられなくても、服やアクセサリーには惜し気もなくお金を注ぎ込んでいる人。


要するに、それが必要だと思う人は買えばいいし、怪しいと思った人は買わなければいい。
それが情報商材ってやつなんでしょう。


無責任だと怒られそうだから、続きを(笑)

◇それでも裏を読む

ならば、『素人でも98%儲けが出る、誰も気がつかなかった究極の投資競馬』なんてのはどうでしょうか。

この場合は問題がまったく別です。
理由は……

……長くなるので、これは次回に。


☆内容に共感頂けたなら→人気blogランキング

プロフィール

那拍恭助

Author:那拍恭助
サービス業からエンジニアに転身。更に未知の営業へ転職しました。

営業の世界は厳しいです。始めから敵視されます(笑)
話を聞いてもらえたら、50%の成功です。

そこから先は話術の勝負……なんですが、ここで大切なのは『相手の立場になること』。
単に話術に頼ると失敗します。

ネット上のアフィリエイトにも通じますね。

【那拍恭助って、こんな人間】

恭助の独り言

カテゴリー

リンク

Amazon 検索窓

情報商材 ASP 紹介

ここから登録すると、私の2ティアになってしまうので、要注意ですよ


SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート

最近の記事

関連書籍紹介

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。